アラサー女子、もがき記録

彼氏なし、貯金なし、余裕もなしのアラサー女子が人生を豊かにするためにもがき続ける記録

今の自分を変えたい女子へ!【出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと】

みなさん、こんにちは。ぴよこよ。

前回久しぶりの更新にも関わらず、スターをつけてくれたり、コメントを下さったり。

本当に嬉しかったわ。

どうもありがとう!

 

さて、前回紹介したぬけまいる、読んでくださった方はいるかしら?

toccapiyopiyo.hatenablog.com

前回もだけれど、今回の本も”鬱々とした今を打開したい”系の本なの。

最近こういう本が好きなんだけれど、選ぶ本ってその人の今の心理状態を映す鏡みたいよね。

もしこういう系でおススメの本があれば教えてちょうだい。

 

 

∴出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

著:花田菜々子

 

タイトルを見てずっと気になっていた本。

とうとう購入したのだけれど、面白くて一気読みしてしまったわ!

 

深夜のファミレス。

その日寝泊まりする場所をどうしようか考えている1人の女性。

それが物語の主人公・花田菜々子さんご本人。

ヴィレッジヴァンガードの店長をしている彼女。

仕事は面白くないし、夫とは別居状態。

マンションを飛び出してきたものだから、帰る場所もなく満喫などを転々としている。

そんな、人生のどん底にいる彼女は、以前読んだ本の中で紹介されていた“X”という出会い系サイトのことを思い出す。

いわゆる「男女の出会いを目的とする」出会い系ではなく、日時と場所を指定してその時に会える人と30分だけお喋りをすることが、この“X“の目的。

企業のため人脈を広げたい人や、ただ知らない人と話をしたい。

そんな人たちが集まる”X“。

ここで彼女は、長年考えていたことを試してみよう、と思う。

「話を聞いて、その人に合う本をオススメする」

やがてこの活動を通して、彼女は”本当の自分“を見つけていく。

 

この”X“というサイト、最初は怪しいな〜という印象だったのだけれど、菜々子さんが出会う人々はみんな、とても前向きに自分の人生を創ろうとしている人たち。

ただ”人生を過ごす“だけではなく、自分らしい”人生を創る“。

話を聞くだけでワクワクするような人、好きなことに一生懸命な人。

会社の方針が変わって仕事が面白くなくなってきた菜々子さんにとって、とても衝撃的な出会いの連続だったの。

 

このお話の面白いところは、本を通して菜々子さんが”X“で出会った人たちの人生観や仕事観を知ることができること。

”X“には、普段ならちょっと出会えそうにない、変わったことを追求している人や、起業家の人たちがたくさんいて、菜々子さん自身その人達に触発されて、新たな一歩を踏み出すの。

その菜々子さんの“成長の過程”も、とっても人間らしくて、共感できることが多くて、私も元気をもらったわ。

 

菜々子さんのすごいところは、行動力と本への情熱。

普段は人と関わるのが苦手な菜々子さんなのだけれど、“X”で人に本を勧めるという修行を繰り返していくうちに、どんどん新しい世界の扉を開いていく。

そして本当に自分が望むものを見つけられた時は、読んでいる私も目の前に光が射したような気分になったの。

 

もう普通の幸せはいらない。恋愛も結婚もいらない。お金も安定もいらない。何もいらない。ただ今日見た光を信じて生きていこう。(p.164)

 

この時の爽快感と言ったら!

「私もこんなふうになりたい!」と本当に思ったわ!

菜々子さんがこの結論に到達できたのも、本への情熱を突き詰めていったから。

何かを突き詰めた先に、望むものが見つかる。

今までの人生で、こんなに何かに情熱を注いだこと、みなさんはあるかしら?

 

どんな言葉がいちばんこの本の魅力を引き出せるか。そんなことを考えながらその本と向き合っていると、なんてこともないように見えた本の魅力を発見できるようになり、言葉に表すことができるようになった。(p.54)

 

私は残念ながらまだないの。

私も本が好きだけれど、こんなに情熱を持って本と向き合ったことはない。

まだ何とも向き合ったことがないの。

 

今の自分に対して“変わらなきゃ!”といつも思うのだけれど、この本を読んで、考えるべきことの順序を間違っていたように思うわ。

「変わろう!」と思って、どう変わるかという方法を考える前に。

「なんで変わりたいのか」を考えて、本当に変わる必要があるのか、という答えを出す。

その答えが出たら、次は「どう変わりたいのか」を考えて、自分のなりたいビジョンを考える。

それができて初めて「じゃあ変わるための方法」を考える。

この本を通して、こういう考え方が必要だと気づくことができたわ。

今はまだボヤッとしているから、考えがまとまったらまたブログに書こうかしら。

 

タイトルからは想像できないけれど、今の自分を変えたいと思っている人にヒントを与えてくれる一冊よ。

 

 

ここまで読んでくださってありがとう。

それでは女子のみなさん、ごきげんよう。