自分の長所って?探し方のコツを教えます!

ごきげんよう、ぴよこよ。

 

OL

 

突然だけれどみなさんは自分の長所を聞かれたら、なんて答えるかしら?
面接や婚活でもよく聞かれる質問よね。

 

みなさんはすぐに答えられる?
私だったら”ポジティブ”と答えるわね。
でも意外と答えられない人って多いんじゃないかしら。

 

  • 自分の長所が分からない
  • そもそもどうやって探せばいいの?

 

もしあなたが自分の長所を答えられないのなら、このブログを読めば長所を見つけるきっかけになるわ!

 

 

 

自分の長所をなんで知る必要がある?

OL

 

なんでいきなりこんなことを聞いたかと言うと、実は婚活パーティーに行ったからなの。
プロフィール欄に長所を3つ書くところがあったのだけれど、書くのが難しくて。


婚活パーティーだから書いたプロフィールをお相手の男性と見せ合いっこするのだけれど。
意外とお相手も3つ書ききれていない人が多かったわ。

そこで、”自分の長所って何だろう?”って改めて考えてみることにしたの。
私の場合、一番しっくりくる長所は”ポジティブなところ”だわ。

 

社会に出ると様々な場面で長所を聞かれることがある。
例えば就活や、私のように婚活パーティーに行くとき。
会社でも上司に聞かれることがあるかもしれないわね。

 

そんな時に、自分の長所を知っておくと相手によりよく自分を知ってもらえる。
だから自分の長所を知っておくことはとても大切なことよ。

 

 

自分の長所がなぜ見つからない?

 

自分の 長所 探し方

 

そもそもなんで私たちは長所を見つけることができないのかしら。
これは、私たちが日本人だから、ということが大きく関わっているんだと思うわ。

 

日本人は謙虚・謙遜を美徳としているところがあるでしょ?
だから長所ってなかなか自分では言い出せないのよね。

 

その反面、欧米人に長所を聞くと、割とスッと答えてくれるの。
日本のように”みんな一緒”を良しとせず、個人の個性を尊重する文化が発達しているからなのね。

 

だから私たちが長所を聞かれて答えられないのは、ある意味あたり前のことだと思うわ。
それでも今は個人の個性が尊重される社会になりつつあるの。
もうそろそろ私たちが自分の長所を声を大にして言い始めても良いんじゃないかしら?

 

 

自分の長所の探し方

 

自分の 長所 探し方

 

自分の長所を探そう、と思っても、じゃあどう探せばいいの?って感じよね。
私もむかしは自分に長所なんてない、と思っていたから気持ちがよく分かるわ。
だから自分の長所の探し方のコツをお話するわね。

 

 

1. 診断ツールを使う

ネット上では簡単に自分の長所を診断できるサイトがたくさんあるわ。
診断サイトを使ってみると、意外な長所が見つかるかもね。

 

お手頃だけれど、万人用に作られているから細かな診断はなかなか難しいのがネックね。
マイナビにも診断があったからぜひ見てみてちょうだい。

 

https://gakumado.mynavi.jp/style/diagnoses/46709

 

 

2. 短所から言い換えてみる

意外と盲点なのが、自分の”短所を長所へ言い換える”という方法。
長所は思いつかないけれど、短所なら思いつくという人も多いんじゃない?
そんな人にオススメの方法よ。

 

例えば短所が”集中力が続かない”という場合。
集中力が続かないということは、それだけ周りのことが気になるということ。
つまり、言い換えると”好奇心が旺盛”だと言えるわよね。

 

短所も分析して考えると長所に言い換えることができる。
短所ならいくらでも思い浮かぶ!という人はぜひ試してみて。

 

あと、”短所なら思い浮かぶ”という点も長所になりうるわよね。
短所がポンポン思いつく人って、”自分のことを客観的に見られる”ということになるもの。

 

 

3. 過去のエピソードを深堀

これが1番オススメの方法よ!
私も自分の長所が”ポジティブ”だと思ったのは、過去のエピソードがきっかけ。

 

過去のエピソードと言っても色々あるわよね。
部活とかバイトとか、趣味とか、特技とか。

 

過去のエピソードを深堀すると意外な発見があるわ。
私が自分の長所を見つけることができたエピソードをご紹介するわ。

 

 

 長所はポジティブ!自分の長所を見つけた方法をご紹介

OL

 

私が「自分の長所はポジティブだ」と思った理由。
それは、どんなに嫌なことがあっても、「結果良いこともあったからいいや!」と思えるようになったから。

 

私のポジティブエピソードをお話するわ。

 

 

ポジティブエピソード

私は大学生の頃、イタリアへ留学をしていたの。
語学留学で現地の語学学校に通っていて、小さなアパートで他の国の留学生とルームシェアをしていたわ。

 

その時はタイの子と2人で暮らしをていたの。
で、帰国まであと1ヶ月という時に、泥棒に遭ったの!

 

夜寝ている間に家の中に入られて、スマートフォンとパソコンを盗まれたわ。
ルームメイトの子も同じで、朝からパニックになりながら警察に電話したの。

 

そこから不動産屋さんに電話をしてすぐに引っ越しに取り掛かったわ。
丸1日かけて引っ越しをして、終わった時には2人ともぐったり。

 

パソコンがないからそれぞれ家族にも連絡がとれなかったの。
それでも不思議とそこまで不安とか、心細さは感じなかったわ。

 

それには理由があって、この引っ越しを通して人の親切に触れることができたから。
この人たちのおかげで泥棒に遭ったことも、今ではとても良い経験だったと思っているわ。

 

優しい人たち1:アパートの住人

まず、同じアパートに住んでいた人たち。


正直、生活スタイルが違ったから会うこともなかったし、どんな人たちが住んでいるのか知らなかったわ。
下の階に住んでいる人たちなんか、いつも大声を出していたから”やばいおばさん”って私たちの間では呼んでいたし。

 

けれど、引っ越し準備の最中にちょうど他の住人の人と会ったから、思い切って話しかけてみたの。
自分たちで犯人を捕まえようと思っていたわけではないけれど、知っていることがあれば聞きたいなとは思って。

 

そしたら私たちが”やばいおばさん”って呼んでいた人も集まってくれたの。
話してみるとみんなとても親切で、私たちが泥棒に遭ったということに本当に悲しんでくれたし、「何かあったら力になる」と言って連絡先も教えてくれたの!

 

今まで全然話したことがなかったけれど、泥棒の件があったから話すことができた。
もっと早く話していれば、いい友達になれたかもしれないのに、と残念に思ったわ。

 

優しい人たち2:知らないおじいちゃん

それから引っ越しの途中、見知らぬおじいさんが荷物を運ぶのを手伝ってくれたの!

 

私たちはそれぞれキャリーケースを引いていたんだけれど、中身が重かったから、坂道で苦戦していたのね。
そしたら、通りがかったおじいさんが手伝ってくれて!
本当に感激したし、とっても嬉しかったわ!

 

優しい人たち3:日本人のみんな

あと、ご夫婦で留学に来られていた日本人の方が、「パソコン2台持ってきているから」と言って、私たちにパソコンを貸してくれたの!
家族に連絡してあげて、と帰国までの1ヶ月間ずっと貸して下さって、とてもありがたかったわ!

 

他の日本人の友だちも、私を元気づけるためにパーティーをしてくれたの。
盗まれたスマートフォンの中には写真もたくさんあって、実はそれがなくなったことが1番悲しかったのだけれど、たくさんの友達がFacebookで写真を送ってくれて。

 

本当に周りの人たちにとても助けられたの。
だから、泥棒に遭ったこともマイナスなことではなくて、私の中ではとっても良い経験になったわ。

 

 

自分の長所の探し方はいろいろ!

OL

 

”泥棒に遭った”ということだけ考えれば相当ネガティブなことだけれど、私はたくさんの人たちのおかげで、割といい経験したな~と思えたの。
泥棒に遭った次の日には、盗難届を持って笑顔で記念撮影したぐらい元気になったわ。

 

こんな感じで、私はネガティブなことがあっても、最終的にポジティブに変換することができるの。
そこが私の長所だと思っているわ。

 

婚活目的で行ったパーティーだけれど、意外と自分を見つめなおすいい機会になったわ。
また留学とか婚活のお話もさせてもらうわね。


みなさんの長所はどんなところかしら?

 

 

ここまで読んでくださってありがとう。
それでごきげんよう。