大阪ことばってどんな言葉か解説!【大阪弁について】

ごきげんよう、ぴよこよ。

 

本格的に大阪検定の勉強を始めたの。
大阪検定についての記事はこちらを見てくださいな。

 

www.piyokoblog.com

 

使っている教科書とか勉強の仕方は今度お話するわね。
今日は大阪の言葉についてよ。

 

  • そもそも大阪弁ってどんな言葉?
  • なんで大阪弁って怖く聞こえるの?

 

大阪弁と聞くと、こういうイメージを持つ人がいるわよね。
テレビでもよく大阪弁を聞くけれど、なんだか怖く聞こえない?

 

怖く聞こえる理由は、大阪弁でも地域差があったり、大阪人の自負心が関係しているの。
この記事を読めば、リアルな大阪人の大阪弁と大阪弁が怖いイメージである理由が分かるわ。

 

大阪検定の勉強をしている人もぜひ参考にしてくださいな。

 

 

大阪ことばってそもそもどんな言葉?

 

大阪 大阪城

 

教科書では”大阪ことば”と表記されているので、このブログでも統一するわ。
後で書くのだけれど、広い意味での大阪弁と狭い意味での大阪弁をまとめて言う時に、”大阪ことば”と表記しているみたい。 

 

大阪は海と山に囲まれている地形をしているわ。
その影響もあって、隣接府県よりも、地域としての繋がりが強いのが特徴。

 

平野の中央には大阪市があって、その周辺地町村は衛星都市になっているの。
そのおかげで、大阪府民が使う大阪ことばは、ほぼ均質であるのも特徴よ。

 

kotobank.jp

 衛星都市の意味はこちらよ。
(出典:コトバンク)

 

ほぼ均質と言っても、その中でも細かい違いがあるわ。
その違いを”広い意味での大阪弁””狭い意味での大阪弁”として紹介するわ。

 

広い意味での”大阪弁”

地域の特色が強いせいか、大阪府内でもことばの違いがあるわ。
大阪ことばは大きく分けて3つの種類があるの。

 

  • 河内弁(河内方言):大阪市内と細かい違いがある
  • 泉州弁(和泉方言):文法面での独自性が目立つ
  • 摂津方言:大阪市内とほぼ同じ

 

河内弁について

河内弁は河内国と呼ばれていた地域、現在の大阪府東部の方言よ。
独特の単語があるのだけれど、実際は河内以外でも使われる単語もあるわ。
大阪市内で使われていることばと大きな違いはないわ。

  河内弁の例…

    ・君 = われ

    ・文末に「け」を使う:きょう何時に帰ってくるんけ?

 

泉州弁について

特に独特なのが泉州弁
和泉国と呼ばれていた府南部の地域で、特に岸和田から南の泉南地域。

 

泉州弁では特に文法面での違いが目立つわ。
あと、和歌山にも近い地域だから、漁師言葉も混ざってちょっときつく聞こえがちね。

 

  泉州弁の例…

    ・「言ってやる」 → 「言うちゃる」

    ・「言っている」 → 「言うちゃある」

 

大阪人が聞けば、まあ意味は分かるわね。
でも他府県民の人には難しいんじゃないかしら?

 

この2つの方言に摂津方言を加えた3つが、広い意味での大阪弁になるわ。

 

狭い意味での”大阪弁”

 

じゃあ狭い意味での大阪弁が何になるのかというと、摂津方言
大阪府北部や大阪市内、更には兵庫県の南東部にあたる地域。

 

摂津方言について

この摂津方言は現在の大阪市内で使われている言葉とほとんど変わらない。
だから、たいてい”大阪弁”というと、この摂津方言を指すことが多いわ。

 

その中でも、戦前までは”船場(せんば)”と呼ばれる地域の言葉は特に上品だとされていたの。
今で言うと、地下鉄の淀屋橋・心斎橋・長堀橋・北浜を繋いでできる地域。
四角形のような形になって、それを東西に阪神高速まで少し伸ばした区域のことね。

 

大阪 摂津

 

この船場は商いの街・大阪の中でも特に中心地だったの。
だから丁寧な表現や文法が発達していったわ。

 

船場で話される言葉は上品できれいだと考える人も多かったわ。
現在の大阪市内の言葉は、この”船場ことば”の特色を濃く受け継いでいるの。

 

大阪ことばの変化

 

大阪 大阪弁

 

大阪ことばは日々進化しているわ。
大阪ことばの変化の要因は世代の変化

 

大阪ことばは各世代に合わせて変化しているの。
今と昔の変化では、少しずつ変わってきているわ。

 

昔の大阪ことばの変化

一口に”大阪らしい“と言っても、ことばは時代によって変わってくるの。
江戸時代と明治時代の大阪ことばを比べても変化が見られるわ。

 

今の大阪ことばだと、「〜や」をよく使うイメージよね。
でもこの使い方は明治期以降に使われるようになった表現なの。

 

江戸後期だと「〜や」ではなく「〜じゃ」
だから例えば今だと「もう5時」。
これが、江戸後期だと「もう5時じゃ」。

 

他にも否定形で使われる「〜へん」
敬語として使われている「〜はる」

 

これも、明治になってからの使われ方。
江戸後期になるとどうなるのかというと…

 

  • 「食べへん」→「食べ
  • 「寝はる」→「寝てじゃ

 

というように、「〜へん」は「〜ん」、「〜はる」は「〜てじゃ」と使われていたの。
語形が大きく変化しているわね。

 

今の大阪ことばの変化

大阪ことばは今も変わり続けている。
それはネットやテレビの影響が大きいわ。
ことばが書き言葉化されているのが原因。

 

日々新しい方言や、アレンジが加えられた方言が生まれている。
そういった方言にはちゃんと名前が付いているの。
新方言ネオ方言という名前よ。

 

新方言とは、新しく生まれた方言。
「めっちゃ」や「マクド(マクドナルド)」が新方言にあたるの。
ただ、数はそんなに多くはないわ。

 

一方ネオ方言とは、共通語と大阪ことばをミックスさせてできた言葉。
大阪ことばはこのネオ方言がどんどん生まれているわ。

 

例えば、「〜やんか」は共通語だと「〜じゃないか」。
一見めちゃくちゃ大阪ことばに見えるけど、実はそうじゃないの。

 

「〜やんか」は「〜じゃないか」を大阪風にアレンジした表現。
ネオ方言とされているわ。

 

新方言やネオ方言の出現で、私たちが話す大阪ことばは日々変化しているわ。

 

 

大阪ことばはどうして強い?

 

大阪 大阪弁

 

大阪ことばって、あなたはどんなイメージを持っているかしら?
怖い、口が悪い、ガラが悪い、早口…。
あんまり良いイメージを持っていないんじゃない?

 

東京に何年もいるのにずっと大阪ことばが抜けない人。
どこにいても大阪ことばで話す人。
なんでこんな大阪ことばってどこの地域でも強いのだろうと思わない?

 

それには理由が2つあるの。
大阪ことばの勢力の強さと、大阪人の自負心ね。

 

勢力の強さ

テレビなどが発達したおかげで、生活の至るところに言葉が溢れている。
お店とかだと共通語で話す人が多くなったわ。

 

それでも大阪では店員さんや、町の看板で大阪ことばがよく使われているの。
テレビやラジオでも大阪ことばが頻繁に使われているわね。

 

大阪ことばの勢力は、色んな場面で使われているから強い。
大阪の外でも大阪ことばを使うし、大阪中に溢れているから強いのね。

 

自負心

じゃあ、なんで大阪人は大阪の外でも大阪ことばを使うか。
それは、大阪人は大阪と東京は対等だと考えているから。

 

大阪では、“共通語”とはあまり言わず、“東京弁”という人が多い。
(私は「標準語」って言うけど…)
大阪では東京出身じゃないのに東京弁を使うと、茶化されることがあるわ。

 

東京に行った友達が帰ってきて東京弁を話している時とか。
「東京に染まってるや~ん!」って言われた大阪人も多いはず。

 

大阪には自分たちで強い経済基盤を作り、経済力もそれなりにあるから、東京に対抗する意識が芽生えた
その対抗意識は今の大阪人にも受け継がれている。
だから地元の大阪ことばに強い自負心を持っているの。

 

この自負心から、大阪人は大阪の外でもなかなか方言が抜けないのよね。
だからテレビでは芸人さんや学者さん達でさえ、大阪ことばを堂々とテレビで話しているわ。

 

だけど、大阪以外でも堂々と大阪ことばを話す姿勢が、他府県民にとっては攻撃的に見えるみたい。
確かに大阪ことばは勢いがあるし、口が悪く聞こえる時もあるわね。
その結果、大阪ことばは”怖い”というイメージがついてしまったの。

 

 

 

大阪ことばは怖くないよ!

 

大阪

 

今回は大阪ことばの特徴をお話してきたわ。
大阪ことばが”怖い”というイメージなのも、なんだか納得できたわね。

 

だけど、大阪人は別に「他府県民をビビらせてやろう!」っていう気持ちを持っているわけではないのよ!
ただちょっと他府県民よりも地元へのプライドが高いだけ!
仲良くなったらめちゃくちゃサービス精神を発揮してくれるから!

 

だから大阪ことばも大阪人も怖くないわよ。
ぜひ大阪に遊びに来てちょうだい。

 

 

ここまで読んでくださってありがとう。
それではごきげんよう。