【ポケモン剣盾】ポケモン初心者は今から始めるべき3つの理由

みなさん、こんにちは。ぴよこよ。
 

2019年11月15日にポケットモンスターの新しいゲームが発売されたのは、みなさんご存知かしら?
世代直撃の人も多いだろうし、「久しぶりにポケモンやろうかな?」と思っている人も多いんじゃない?

 

だけど、ポケモンの新作が発売されるたびに初心者を怖がらせる噂がよくささやかれる。

 

「ポケモンは初心者に優しくない」

 

そう聞いて、ポケモンを買おうか悩んでいる人もいるんじゃないかしら?

 

  • 初心者にはポケモンを育てるのは難しそう…
  • 古参のプレーヤーに比べてハンデがある
  • ポケモンの知識もないし、やっぱり自分には無理かも…

 

こういった心配から、なかなかポケモンに手を出せない人もいると思うわ。
でも大丈夫!安心してちょうだい!


確かに旧作まではその通りなのだけれど、今作は初心者でも参入しやすい設定になっているの。
今回は初心者は今こそポケモンを始めるべき理由を3つ説明するわ。

 

 

 

 

ポケットモンスター ソード・シールドの世界

 

まず今回発売された「ポケットモンスター ソード&シールド」、略してポケモン剣盾について。

 

舞台は田園風景と近代的な街並みが広がる雄大なガラル地方。
モチーフはイギリスだから、街並みもイギリスっぽい絵になっているわ。

 

主人公はパートナーとなるポケモンを貰い、一緒に旅に出る。
冒険やバトルを通してポケモンと絆を育み、チャンピオンを目指す、というのが大まかなストーリーよ。
今まで発売された作品と、大筋は変わらないわ。
合間に悪の組織と戦ったり、ポケモンと遊んだり、イケメンのジムリーダーを拝んだりするの。

 

 

ポケモン初心者こそ剣盾から始めるべき理由3つ

 

ポケモン 剣盾

 

ここまでポケモン剣盾の世界観について説明してきたわ。
従来のポケモンと大筋は変わっていないから、きっとすぐにゲームに入り込めるわよ。

 

だけど今までの作品とポケモン剣盾が違うところがいくつかあるわ。
それが、私がオススメする初心者こそポケモン剣盾を始めるべき理由よ。

 

  1. ポケモン初!任天堂Switchでの完全オリジナルである
  2. ポケモンの育成が簡単になった
  3. 旧作との互換切り

 

ポケモン初!任天堂Switchでの完全オリジナルである

 

今までのポケモンはゲームボーイから始まり、ついこの間まで3DSでプレイしていたわ。
そして去年初めてSwitchで発売されたのがレッツゴーピカチュウ・レッツゴーイーブイ。
このいわゆる“ピカブイ”バージョンは、実は初代ポケモンのリメイク。
今作はSwitchでポケモンがプレイできるようになって初の完全オリジナルストーリー。

 

Switchの何がすごいかって、テレビの画面でもポケモンをプレイできるというところ!
今までゲーム機の小さな画面でしかポケモンをプレイできなかった。
けれど、Switchをテレビに繋ぐとテレビの大画面でもプレイできる!

 

あの可愛いポケモン達が、綺麗な画質で見ることができる!

 

特にガラル地方の絵は本当に綺麗で壮大だから、旧作しかプレイしていない人たちは感動するわよ!

 

 

ポケモンの育成が簡単になった

 

ポケモンがそもそも「初心者には優しくない」と言われている理由は、ネット通信による対人戦にあるの。

 

ポケモンはストーリーをクリアして、図鑑を埋めたら終わり、と思っている人、多いんじゃない?
実はそれは半分正解、半分間違いなの。
ストーリーだけ楽しみたい人は確かにそれで終わり。

 

でもポケモンには通信対戦機能があって、自分が育てたポケモンを、世界中の人と戦わせることができるの。
いわゆる“ポケモンガチ勢”の人の遊び方ね。
芸能人で言うと、ロバートの山本さんや中川翔子さんが有名よ。
そういう人たちにとって、ストーリー攻略・図鑑完成は通過点。
むしろそれが終わってやっとスタートに立てるとも言えるわ。

 

ポケモンは人によって・育て方によって、同じポケモンでも違うポケモンに成長するの。


例えば同じピカチュウでも、

  • 攻撃力が高いピカチュウにしたいのか
  • 素早く動けるピカチュウにしたいのか
  • 強い親から生まれたピチューを育ててピカチュウに進化させたのか
  • 野生で適当に捕まえたピカチュウを育てたのか

強いポケモンを育てる上で様々な条件を考えないといけないの。

 

これがいわゆる“厳選”“育成”という作業。
ここまでこだわる人は”ポケモン廃人“と呼ばれているわ。
私もこだわる方だから廃人の仲間よ。

 

初心者にとってこの厳選と育成がとても難しかった。
だからこそポケモンは初心者に優しくなかったのよ。

 

だけど今作ではこの厳選や育成がとても簡単になったわ!
初心者が対戦に参加しやすい環境が整っているの。
アイテムやお金を集めないといけないから、そこは少し大変だけれど、それでも旧作に比べてずっと簡単になったのよ!
これで初心者が対戦を始めるためのハードルはぐっと低くなったわ。

 

 

旧作との互換切り

 

正確に言うと“一部のポケモンはポケモン剣盾では使えない”ね。
どういうことかというと、旧作で育てたポケモンは今作に連れて来れないということ。

 

今までだったら、過去作で育てたポケモンをネット上に預けて、新しい作品に連れて来ることができたの。
そうすると長年ポケモンをプレーしているポケモントレーナーはすぐにネット対戦を始めることができる。
初心者トレーナーが対戦で使うポケモンを育成している間、ベテラントレーナー達はしのぎを削り合う。

 

そうして、初心者トレーナーが対戦を始める頃には、ベテラントレーナーと初心者トレーナーの間に大きな壁ができあがってしまう。
初心者トレーナー達がベテラントレーナー達と戦って勝つのは至難の業。
結果、負け続けて萎えてしまう。(実は私もこれ)

 

厳密に言うと、どういう相手と戦うかも、ある程度ランクで決められるの。
けれども上位ランクはベテラントレーナーが占めているから、そこに食い込むことはとても難しいわ。

 

でも今作では、ガラル地方に登場するポケモンしか過去作から連れて来れないの。
つまりどれだけ強いポケモンでも、ガラル地方に登場しなければ対戦で使えない。

 

世間で言う“リストラ”されたポケモンの中には、過去作で猛威を振るったポケモンも多くいるわ。
(主人公とまで言われたガブリアスでさえリストラされたわ。ゲームフリークも思い切ったわね!)
そういったポケモン達が使えないということは、ベテラントレーナー達にとっては“強いポケモンを新しく見つけて育てなければいけない”ということ。
一から育てなければいけないから、時間がかかってしまうの。

 

初心者トレーナーから見れば、対戦でよく使われる強いポケモンを、全て覚える必要はない。
(廃人は強いポケモンは全て覚えてるの。どういう戦い方が多いとか、どういう技を覚えられるかとか)
今作に出る中で強いポケモンを覚えればいいだけだから、ずいぶんと楽になったわ。
この”リストラ問題“は物議を醸しているけれど、このおかげで初心者も参入しやすくなったと思うの。

 

2020年3月時点では、過去作から連れてポケモンを連れて来ることは可能になったわ。
ただ、過去作から連れて来たポケモンはネット対戦では使えないの。
今後も変更になる可能性は大いにあるわね。(2020年3月加筆)

 

今後も変更される可能性はあるけれど、それならなおさら今からポケモンを始めるべき!
なぜなら、過去作からのポケモンたちがはびこる対戦環境下で、初心者がいきなり勝つのは難しいから。
今のうちにある程度ポケモンを育てておいて、環境の変化に対応する準備をしておくのがいいわ。

 

 

初心者はどんなポケモンを育てたらいい?

 

ポケモン 剣盾

 

よくある初心者の疑問がこれ。
答えは「どういう場面で使いたいかによる!」ね!

 

対戦をしたいのなら、まず間違いなく優先的に育てるべきなのはミミッキュドラパルト
ミミッキュは前作からずっと猛威を振るっている強いポケモンよ。


ドラパルトは今作から登場したポケモンなのだけれど、もうめちゃくちゃ強いらしいから、育てておいて間違いないわ。
(私はまだ育てていない)

 

ストーリー攻略なら、まずはパートナーポケモン
それからアーマーガアストリンダーは、使っていてとても便利だったわよ!
2体とも攻撃力が高くて、耐久もそこそこあるから初心者にはオススメ!

 

 

ポケモン初心者は今から始めるべき!

 

ポケモン 剣盾

 

以上の3点が、私が思う、初心者は今こそポケモンを始めるべき理由よ。
かくいう私も廃人の中でもライトな方だから、まだまだ全然勝てないのだけれど。
でも初心者でも対戦しやすい環境が整っている今だからこそ、必死こいてポケモンを育てているわよ。

 

私のブログを読んでくださっている人たちの、どの層に需要があるんだ、ということを書き連ねてしまったわ。
でもこれを見て、「ポケモン始めようかな?」と思った人がいたら嬉しいわね。
(そういう人はぜひポケットモンスター ソードを買って下さい)
(ネギガナイト下さい)
万が一好評だったら、またポケモンの記事を書くわね。

 

 

もっとポケモンゲームのことを知りたい人はこちらへ!

www.piyokoblog.com

  

 

ここまで読んでくださってありがとう。

それでは女子のみなさん、ごきげんよう。