アラサー女子、もがき記録

彼氏なし、貯金なし、余裕もなしのアラサー女子が人生を豊かにするためにもがき続ける記録

ソロ活大好きな私がおすすめする、初心者向きソロ活3選

女子のみなさん、こんにちは。ぴよこよ。

 

 

さて今回は、以前書評の記事でも触れたソロ活について。

 www.piyokoblog.com

 

私はソロ活が大好きで、特に最近は精力的に色々なところに行っているわ。

食べるのが好きだからどうしても食べる系のソロ活になってしまうのだけれど。

今回はそんな私がおすすめする、初心者向きのソロ活を3つご紹介するわ。

一人で時間を持て余している女子、チャレンジしたいけれど一歩が踏み出せない女子。

そんなあなた達におすすめよ。

 

 

そもそもソロ活とは何?という人もいるだろうから、簡単に説明するわね。

ソロ活とは、ソロ=一人でする活動のこと。

最近では”おひとり様”という言葉もあるわね。

一人でどこかへ行ったり、何かをすることをソロ活と言うの。

 

そのソロ活だけれど、多くの人が「実際にするのは難しい」と感じているわ。

なぜかと言うと、周りの目が気になってしまうのよね。

私も最初は「あの人ひとりで来てる~、さみしい~」って思われるのが嫌で、なかなかソロ活を始められずにいたわ。

ただ、実際に人ってあんまり周りの人を見ていないのよね。

一緒に来てる誰かとのおしゃべりであったり、目の前のことに集中してるから。

自分が周りの目を気にしている以上に、周りは私のことを気にしていないということに気付いて、ソロ活への一歩を踏み出したわ。

ただ、無防備に突っ込んでいくと、思った以上に気疲れしてしまうこともあるの。

そういった点も踏まえておすすめのソロ活をご紹介するわ。

 

f:id:toccapiyopiyo:20191022110025j:image

初心者におすすめのソロ活①:ラーメン

「え?」と思った女子、きっといるわよね。

ラーメンってなかなか一人で行くのに勇気がいりそうよね。

でもポイントさえ押さえれば一人ラーメンデビューは余裕よ。

最近では”ラーメン女子”という言葉もあるぐらい、女性の一人客が多くなっているの。

 

ポイント:行ったことがあるラーメン屋さんに行く

これは”誰かと”行ったことがある、ということがポイント。

ラーメン屋さんって、お店によっていろいろな特徴があるわ。

例えばピンポンで店員さんを呼ぶのか、良いタイミングで注文を聞きに来てくれるのか。

店員さんを呼ぶ方式でも、店員さんはすぐに気付いてくれるお店なのか、声を張り上げないといけないのか。

メニューは何がおすすめなのか、客層はどうなのか、先払いなのか後払いなのか。

一人でラーメン屋さんに行くとき、こういうことが気になって行きにくいことが多いと思うの。

こういうことを、先に誰かと行ってお店の雰囲気を大体つかんでおくと、次に一人で行くときに戸惑わずに済むわね。

特にお昼時を少し過ぎたぐらいが、店内に程よい人数のお客さんしかいなくて、人の目を気にせずにいいわよ。

 

初心者におすすめのソロ活その②:銭湯

これもだいぶハードルは低いソロ活ね。

他人とお風呂に入ることに抵抗がある人は、この活動は諦めてちょうだい。

銭湯もポイントを押さえれば大丈夫。

 

ポイント:地域密着型の銭湯に行く

有名な銭湯や大きい銭湯に行くと、銭湯好きの人たちが連れ立ってやってくるから、一人だと浮いてしまうわね。

その点、地域住民しか行かないような小さな銭湯は安心。

地元住民同士で輪ができていたりもするけれど、基本的にはひとりで来ているおばちゃんばかり。

ファミリー層が来る時間帯をさけて行けば、ゆっくりお湯に浸かれるわよ。

あと、そういう銭湯だったら、例えば大浴場に隣接されている露天風呂とか、サウナとかは貸し切り状態になるのも魅力ね。

通うようになれば、きっとおばちゃんたちとも仲良くなれるわ。

 

初心者におすすめのソロ活その③:映画

これも意外に思う人がいるんじゃないかしら?

実際に今日ご紹介する中では一番ハードルは高いけれど、これもポイントを押さえれば快適に過ごせるわ。

ちなみに、普段から映画はあまり観に行かないけれど、私は今年2回ひとりで映画に行ったの。

 

ポイント:早朝に観に行く

人々の活動時間帯に一人で映画に行っても、場の雰囲気に耐えきれなくなってしまうから気を付けて。

鋼のメンタルを持っている人なら別だけれど、よっぽどでない限りデイタイムは避けるのがおすすめよ。

最近では朝早くから映画を観ることができるのだけれど、そういう時間帯に来る人ってどういう人だと思う?

 

①昼間に観る時間がない

②よっぽどその映画が観たい

③日中に観に行くのは少し恥ずかしい

 

大体こういう人たちが朝早くから映画を観に来るの。

で、こんな時間に観に来る人の共通点として、”朝が早すぎるから一緒に観に来てくれる人がなかなかいない”というところ。

だから早朝の映画は人が少ないのだけれど、意外と一人で観に来る人も多いのよ。

特に早朝に観に行く理由が②と③の人は、観に行きたいけれど一緒に行ってくれるor同じ映画に興味がある友達がいない。

でもどうしても観たい、観たいけれど一人で観に行くのには抵抗がある。

だったら人が少なそうな朝なら、人目を気にしなくていいんじゃないか。

そう考えている人が多いと思うわ。

かく言う私もその一人で、こういう理由から今年はポケモンの映画を一人で観に行ったわ。

友だちを気にせず笑ったり、泣いたり、フードを食べたりできるから一人映画はおすすめよ。

 

今日はソロ活初心者におすすめするソロ活を3つご紹介したわ。

私のソロ活デビューは確かラーメンだったかしら。

ラーメンは本当に一人で来ている女性も多いから、初めの一歩としてはおすすめよ。

 

 

ここまで読んでくださってありがとう。

それでは女子のみなさん、ごきげんよう。